マンション購入時に助かる住宅保証制度

住宅性能保証制度とは、保証機構独自の技術基準による審査を合格した新築住宅に万が一のトラブルが発生した場合の補修費を最長10年間保険により保証する制度のことです。
業者が倒産しても保険でカバーされます。

万が一、保証期間中に業者が倒産しても、10年間の長期保証(構造耐力上主要な部分)について、補修費用から免責金額を除いた額の95%が保険金として支払われるので安心です。

次の所有者に保証書の継承ができます。

法律では第三者に転売すると保証は受けられませんが、マンションの住宅性能保証制度では、登録業者の承諾のもと、次の住宅取得者に残りの期間の保障を継承することが出来ます。
マンションの買い換えの際に有利な条件です。保障が正しく行われるために登録業者と住宅取得者の間で保証書の保証責任について意見が異なる場合、法律や建築の専門家による保証事故審査会の審査を受けることが出来ます。

(審査手数料が必要となります)短期保障・保証期間1~2年(最長5年)タイル・石貼りの剥離・建具・設備の不具合等。

長期保障・保証期間10年、基礎・柱・梁・壁のひび割れ、床の傾斜・たわみ・破損など、壁の傾斜・たわみ・破損・雨漏りなど、土台・柱の傾斜・たわみ・破損など。住宅性能表示制度とは、住宅の品質を数字で表します。


平成12年10月にスタートしました。

国の統一基準に基づいて「設計」と「建設」の二段階で、耐震性やシックハウス対策など、10の住宅性能について評価を行うもので、マンションの手抜き工事防止につながります。
新築分譲マンションの棟外モデルルームを見に行って気をつける点はオプションです。

棟外モデルルームとは、マンションが完成するまでのマンション建設地の近くのモデルルームのことです。


気をつけないといけないのは後者のオプションがかなりあるモデルルームの方で、何が標準で何が標準でないのかわかりにくいことがあります。

オプションについては細かくチェックし何か書面に残してか、オプションの資料をもらって帰りましょう。

普通、一日に何件ものモデルルームを見に行きますので、いったん家に帰ってしまうとほとんどの場合、ごちゃまぜになってしまってよく覚えていないものです。

いざ、マンションを購入してしまってからでは取り返しがききません。


マンションのオプションは結構金額が高いものが多いので、オプションをつけようとすると予想外の金額になったりするのも珍しいことではありません。契約前に必ずオプションがどれで、標準がどれなのか営業マンに確認しましょう。


マンションのモデルルームを見に行って話が進んでくると、営業マンに必ず言われる言葉があります。

まだ、100%購入を決意したわけではない状態です。
でも、部屋を他の人に買われてもいやなので申し込みをしたとします。
このとき必要になるのが申込金です。

しかし、うちに帰ってよく考えてみるとやっぱり今回はマンション購入をやめようと思ったとします、その時にはマンション業者に連絡すれば申込金の10万円は帰ってきますので、安心してお部屋の仮止めをしましょう。


もしマンションのモデルルームを見学に行って気になるお部屋があれば仮止めをされてもいいかと思います。

申し込みを入れるということは、契約しないといけないという訳ではありません。マンションは大きな買い物ですから、検討するために申込み(仮止め)があるのです。
購入しないと決まれば申込金を返してもらえばいいのです。

http://news.yahoo.co.jp/list/?t=yamba_dam
https://4meee.com/articles/view/19080
https://4meee.com/articles/view/19080

神奈川のリフォーム情報を簡単に請求できます。

船橋市でリフォームに関する疑問にお答えします。

満足度の高い神奈川のフロアコーティングを知りたいならこちらです。

目的に応じた千葉のリフォームの特徴につてをいくつか紹介しています。

アンテナ工事の新築に関してお困りですか。